これは入れなきゃ損! CitiesSkylineをプレイするのに必須のMOD

今回は都市育成に使っている、おすすめMODを1つ紹介したいと思います。


先日、都市開発シミュレーションゲーム「Cities: Skylines」のPlayStation 4版「シティーズ:スカイライン PlayStation 4 Edition」とXbox One版「シティーズ:スカイライン Xbox One Edition」を2017年内に日本で発売すると発表があってワクワクしている人も多いのではないでしょうか。
これから、Citys Skylinesをプレイしようと考えている人にもおすすめです。

 

MOVE it というMODです。

f:id:Cities:20170810230959j:plain

http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=766190099&searchtext=move+i

このMODは、景観作りに超優秀なMODです!

 

まずMODの入れ方ですが、STEAM のワークショップで「MOVE it」を検索します。

するとこれが出てきます。

これをサブスクライブします。

そのあとゲームを起動させて、コンテンツマネージャーをクリック。

MODの所をさらにクリックして、MOVE it のMODにチェックを入れます。

※この操作をせずに、ゲームを起動させてもゲームの中でまったく反映されません。

この後、元のホーム画面に戻ってゲームを起動させると、そのゲームからMOVE it が使えます。

f:id:Cities:20170810225953j:plain

右下の緑のアイコンで囲まれている所 ここに出てくると思います。

では、さっそく使ってみましょう!

ここをクリックすると、こういうアイコンが出てきます。

f:id:Cities:20170810230048j:plain

左から

1Follow Terrain    地形を合わせる

2Toggle Snapping    地面に出てくるマス目に合わせる

3Single Selection   一つのものを選択

4Marquee Selection   複数のものを選択

5Copy         コピー

6Bulldoze       撤去

となっています。 日本語の部分は言葉の意味ではなくて、どういう操作が行えるかを書いています。

便宜上1~6の番号を振りました。

まず1ですが、地面から、選択したオブジェクトの高さを変えることができます。と言っても、見た目よくわかりません。なので、私はonのままで放置しています。

次に2ですが、2の機能は色々使うことができます。
例えばpropを真っすぐ置きたい時、何かを整然と並べたい時、木とかですね。これをonにすると、道路を敷いたときに出てくるマス目に合わせてカーソルが動きます。

SSで見てみましょう。

このSUVのpropを並べたい時

f:id:Cities:20170810230124j:plain

まず、近くに道路を敷きます。道路はどれでもいいですが、個人的には2車線道路とかが楽です。2車線道路は幅が2マスなので、分かりやすいのがメリットです。

f:id:Cities:20170810230242j:plain

そして、3の機能でSUVのpropを選択
3の機能は色々なオブジェクトを選択できます。 選択してドラッグアンドドロップをすると別の位置に移動させることもできます。

f:id:Cities:20170810230305j:plain

5の機能で、このpropをコピーします。

f:id:Cities:20170810230321j:plain

そして後は、並べたいところに置いていくだけです。

こんな感じ。

f:id:Cities:20170810230337j:plain

マス目表示されていない所でもある程度離れない限りはマス目があるものとして、並べていくことができます。

f:id:Cities:20170810230403j:plain

並木や壁などのpropを置く場合はかなり重宝しますよ^^

2の機能をOFFにすると一番右の車のようにマス目のどこにでもおけます。

マス目は近くに敷いている道路によって形や向きが変わってきますので、たくさん道路があるところで使うときはズレに注意です!

ずれる場合はOFFにして自分で確認しておいていったほうがいいと思います。

因みに車の向きを横にしたり斜めにする場合は、右クリックをホールドしたままスクロールすると360度回転できます。

f:id:Cities:20170810230431j:plain

次回MOVE itの続きを書きたいと思います。